◆イントロダクション◆


命は過去から未来に受け継がれます。
過去に支えられ生きていると感じる反面
いつまでも着いて回る過去に煩わしさを感じることもあります。

この映画は、どうにも出来ない過去を受け入れることで
現在の自分の人生を自分のものにしようとする女性の話です。

人生はものではないので、常に「自分のもの」と感じ続けるのは
難しいことかもしれません。しかしながらそれを感じようとする時
僅かながらそこには生きている実感があるような気がしています。

映画を通して人と出会い、そこには僕の生きている実感があると信じます。
この映画が多くの人の心に届くことを願います。



藤崎 淳




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



この映画は2007年2月末にNBC(長崎放送)のテレビ番組
「あっ!ぷる」内で放送した短編ドラマ「あごんしる」(16分)を
映画上映用に再編集(25分)したものです。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









inserted by FC2 system